今回開催するキヤノン3D ソリューションフェア2017 in 品川では、ますます可能性が広がる3D プリン
ターを取り巻く環境を念頭に、多岐にわたる関連製品や先端技術、そして運用ノウハウなどをセミナーと展示
会の両面からご紹介いたします。3D 技術に関わる皆様にお役立ていただけるソリューションフェアです。

開催概要

日時 2017年9月20日(水)10:30〜17:00 (受付開始:10:30)  (申込締切日: 9月19日(火)17:00まで)
会場
東京都 港区港南2-16-6 キヤノンSタワー
03-6719-9536
■交通機関 
JR品川駅港南口から徒歩8分。
京浜急行品川駅から徒歩約10分
参加費
定員
対象
主催 キヤノンマーケティングジャパン株式会社/キヤノンITソリューションズ株式会社
共催
協賛
内容 13:00-14:00 主催者あいさつ
【特別講演】「未来のモノづくり」ではどのように3D技術を活用すべきか
3Dプリンタは、センサや回路を組み込んだIoTとの連携、大量のビッグデータを介したAI(人工知能)との連携、複合材料を用いた新しい物性を開発との連携、など新しい展開を迎えています。この講演では、3D技術が生み出す「未来のモノづくり」は本当にどうなるのか、そして、日本の製造業はどのようにデジタル化へ向けて移行していけばよいのかをお話しします。
慶應義塾大学 環境情報学部 教授 田中 浩也
----------------------------------------------
14:10-14:50【セミナー1】FPD 露光装置開発における3D設計への取り組み
大型産業機器である露光機の3D設計を行い、求められる設計品質の向上、設計期間短縮への取り組みを事例を交えて紹介します。
キヤノン株式会社 光学機器事業本部 FPD 機器第四PLM センター FPD 機器41 設計部 主席 福永 純一
----------------------------------------------
15:00-15:40【セミナー2】3Dデータ活用事例 〜 HIOKI ものづくり改革〜
1995年3DCADを初めて導入して以来20年、3DCADからCAE及び3Dプリンタ活用さらにXVLでの推進と時代背景が変わる中、3Dデータの活用方法も変化してきております。皆様のお役に立てるような活用事例をお話しいたします。
日置電機株式会社 技術4 部 技術10課 課長 水出 博司
日置電機株式会社 技術4 部 技術10課 主任 柳澤 俊介
----------------------------------------------
15:50-16:30【セミナー3】キヤノンにおける3Dプリンター活用 対談
キヤノン株式会社と慶應義塾大学田中教授による対談形式のセッション。
慶応義塾大学 環境情報学部 教授 田中浩也
キヤノン株式会社 生産技術本部

■3Dソリューション展示会
10:30〜17:00 
3Dプリンター実機展示/造形サンプル/3Dソリューション(スキャナー&3DCADソフト)
3D関連ソフトウエア/サービス

■3D造形見学ツアー
13:20 〜16:20
3D造形見学ツアー(4回開催/各回定員5名)
注意事項 注意事項

●受付開始時間は、10:30からです。
 展示開始10:30〜、セミナー開始13:00〜となります。
●特別講演申込の方は、12:55迄に着席頂けますようおねがいいたします。
●当日会場受付まで下記2点ご持参ください。
- メールでご案内いたします受講票のプリントアウト
- 名刺2枚
●駐車場はございませんので、お車での来場はご遠慮ください。
●申込み:フォームに必要事項を明記し、お申し込みください。
●定員となり次第、お申し込みを終了させて頂きますので予めご了承下さい。
●同業他社および個人の方のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。
●申込期間:9月19日(火)17時00分まで
備考

お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 3Dソリューション企画課セミナー担当:佐野
TEL:03-6719-9536
東京都港区港南2-16-6 CANON S TOWER
受付時間:平日9時00分〜17時30分
※ 土・日・祝日・年末年始弊社休業日は休ませていただきます。