今回のiPカレッジは“デジタル印刷事業を伸ばす”です。第一部では、株式会社パッケージ松浦の松浦氏をお招きし、最新のマーケティング手法をパッケージ分野に落とし込む術を具体的事例と共にご講演頂きます。さらに、第二部では、キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社の池本氏より、キヤノン・オセがご提案するデジタル印刷の最適ワークフローをご紹介させて頂きます。

開催概要

日時 2015年12月3日(木) 13:30〜17:00  2015年12月2日(水) 17時まで
会場
538-8260 大阪府 大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル18階
参加費
定員 50名
対象
主催 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
共催
協賛
内容

第一部【13:30 -15:00】

『安売りよ、さらば!』
〜パッケージマーケティングで独自の価値を高めろ!〜

講師 : 株式会社パッケージ松浦 パッケージマーケッター® 松浦 陽司 氏
「あぁ〜、なんだかモノが売れないな〜」 「安売りしないと売れないよ」こんな言葉が口癖になっているアナタは要注意! 典型的な 「モノ売り思考」 に陥っています。単に伝え方やマーケティングを変えるだけで、アナタの商品やサービスは劇的に売上を伸ばすかも知れません!バレンタインなのに米が売れる!インスタントの味噌汁の値段がパッケージを変えると3倍になった!「自社もそうなりたい!」 そう感じたアナタは、是非ご参加ください!

第二部【15:15 -16:15】

『ロール紙?カット紙?デジタル印刷の最適ワークフローを考える 』
〜キヤノン・オセが、ご提案するデジタル印刷ワークフローをご紹介します〜

講師 : キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社
    プロダクション企画第3課 池本 親明

展示会【16:15 -17:00】

『キヤノン新型オンデマンド機 imagePRESS C10000VPシリーズ展示会 』
〜imagePRESS C800シリーズ、新型モノクロ機 varioPRINT 135 シリーズ他、多数展示致します〜

先日プレスリリース致しましたimagePRESS C10000VPを展示致します。
新たなVCSEL技術と新スクリーンの採用で大幅に画質を向上しながら、連続稼働時でも高速出力を続ける高い生産性を実現しました。さらにそれらを支えるさまざまな安定化技術を搭載した他、オペレーターにやさしい操作性で、大量のプリントニーズにもスマートにお応え致します。この機会に是非ご覧ください。
注意事項 特にございません。
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問い合せ

近畿・中部プロダクション営業開発課 セミナー事務局
06-4795-915506-4795-9320